TOP PAGE> LCCのデメリット

LCCのデメリット

次にLCCのデメリットに関しての説明になり、詳しい内容と共に紹介します。 LCCが低価格の運賃で空の旅を提供できるのは最低限のサービスしか行っていない事にあります。 つまり、通常での航空券で行われる機内食や飲み物や毛布やエンターテインメントが有料になります。

そのため、飛行機内で映画を見たり、音楽を聴いたりするには別料金が必要で、機内食も有料でサービスを受ける事になります。 また、預ける荷物も有料なので、持って行く荷物が多いとその分費用がかかるという事になります。 この様に、通常航空券に比べて、有料になるサービスが多くなるのが激安航空券のデメリットです。

そして、これはフライトする時の影響になるのですが、フライト時に機材故障が発覚した場合にはキャンセルになり、翌日のフライトになります。 その影響によるホテルの手配や料金などは負担してくれるのですが、翌日になっても機材故障が直らない場合は通常航空券に移動する形になります。 これがLCCを利用するに当たって不便とされるデメリットですが、逆に考えると飛行機に乗って現地に行くだけでいいという人にとっては便利なシステムになります。 デメリットも考え方次第ではメリットになります。